Information:毎週月・水・金20時更新予定。定期的に遊びにきてください!!

国内ゲーム売上ランキング&ランク上位のゲームをニンテンドースイッチで遊ぶ方法

国内人気ゲームランキング

国内で最も売れたゲームって何でしょうか?

こう聞かれて、わからない人も多いのではないでしょうか?マリオも大ヒットしましたが、ポケモンも人気でしたよね。

そこで本記事では、任天堂ファン歴30年の管理人遠藤ティム(@endotimJP)が、国内で最も売れたゲームランキングトップ5を紹介し、またニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)で遊ぶ方法も紹介しますこの記事を読めば、国内で人気のゲームが分かります。

国内の売上上位のゲームは、スーパーマリオシリーズ、ポケットモンスターシリーズ、どうぶつの森シリーズに集中しています。ぜひ手に取って、遊んでみてはいかがでしょうか。

国内ゲーム売上ランキング

Wikipediaにて、国内の売り上げベスト5を調べた結果、以下の通りになりました。なお、売り上げは出荷本数にて比較しています。6位以下のゲームは、引用元を参照ください。

順位タイトル名発売年ジャンルハード出荷本数
1あつまれどうぶつの森2020年コミュニケーションNintendo Switch919万本
2ポケットモンスター赤・緑1996年RPGゲームボーイ822万本
3ポケットモンスター金・銀1999年RPGゲームボーイ・
カラー共通
730万本
4スーパーマリオブラザーズ1985年アクションファミリーコンピューター681万本
5Newスーパーマリオブラーズ2006年アクションニンテンドーDS649万本
Wikipedia”ミリオンセラーのゲームソフト一覧”より引用

こうやって見返すと、やっぱりマリオ・ポケモン・どうぶつの森が強いですね。特にあつ森は、マリオ・ポケモンを抑えての大ヒットとなりました。改めてその凄さがうかがえます。

マリオ・ポケモン・どうぶつの森を生み出した任天堂の歴史については、こちらの記事で詳しく紹介しています。あわせて読んでください。

≫ベストセラーゲームを生み出した任天堂の歴史

昭和・平成・令和3世代の名作ゲームがニンテンドースイッチで遊べる

実は、これらのランキング上位のゲームのほとんどが、ニンテンドースイッチで移植やリメイクなどされているので、ニンテンドースイッチがあれば遊ぶことができます。

具体的には、ランキング4位のスーパーマリオブラザーズ、ランキング2位のポケットモンスター赤・緑、ランキング1位のあつまれどうぶつの森を、遊ぶことができます。ここから、その方法を紹介します。

昭和の名作:スーパーマリオブラザーズ(国内売り上げランク4位)

みなさんおなじみのファミコンで出た、2Dアクションゲームです。ニンテンドースイッチからは、ニンテンドースイッチオンラインに加入すると無料でダウンロードできる、”ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online”をダウンロードすることで楽しむことができます。

1985年にリリースされたこのゲームは、出荷本数681万本の大ヒットとなり、当時のファミコンゲームの頂点に立ちました。ファミコン及びスーパーファミコンの時代の10年間、破られることのない大記録となりました。

このゲームは、現代につながるゲームの歴史を方向付けが決まったといえるほど、インパクトの強い歴史的な名作です。

  • 容量のギリギリまでつめこんだマリオ及び敵キャラのデザイン(踏める敵は踏みたくなる、踏めない敵は踏みたくないようデザインされてます)
  • はじめは無理でも何回もやっていくとできるようになると思わせるようなコースデザイン
  • 画面スクロールの本格採用によりクリアするまで先が見通せない緊張感

など、今のゲームでは当たり前すぎて語られないゲームの基本が詰め込まれていたゲームだと思います。

ちなみに、当時アクションゲームというものが何なのか伝えられなかったため、制作当初新人スタッフにゲームの楽しさを伝えるため、野外のアスレチックセンターに連れて行ったそうです。

≫スーパーマリオシリーズのゲーム紹介

≫スーパーマリオシリーズの歴史

平成の名作:ポケットモンスター赤・緑(国内売り上げランク2位)

一台記録を打ち立てたスーパーマリオブラザーズ、その記録は長年破られることのない記録でしたが、およそ10年後の1996年、歴史を変えるゲームが誕生します。そのゲームが、今ポケモンとして世界中で愛されているゲームの第1作目・ポケットモンスター赤・緑です。

出荷本数はスーパーマリオブラザーズを抜き、822万本となっています。

ニンテンドースイッチでは、大きくリメイクされた、ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ / Let’s Go! イーブイが出ていますので、そちらで楽しむことができます。
マップや出るポケモンなどはそのままですが、音楽・グラフィックなどが現代風に進化してるので、遊びやすいです。

当時のRPGの背景として、国と国の戦いや世界をかけた戦争など、とにかく壮大な世界観を売りにしたRPGが主流でした。また、ハードとしてもスーパーファミコンやプレイステーションなどの、据え置きハードで最先端のグラフィック技術を活用する風潮が強かったのです。そんな中、白黒のゲームボーイというのは当時としてもレガシーで、現代日本の小さな町を舞台とした冒険物語は壮大な感じがしないため、異色のRPGでした。あまり売り上げが見込めるとは思えず、任天堂からのプッシュも弱かったのです。

しかし、未知のモンスターとの邂逅を繰り広げる展開には、RPGとしてのワクワク感があったのを記憶しています。そしてスケールが小さいからこそ、冒険としてどこかリアリティがあって、想像力を膨らませる作りとなっていました。

シンプルを突き詰めたような、ポケモンのデザインのかわいさも、非常に親しみやすく、子供だけでなく大人たちにもキャラクターとして受け入れられました。

既存の壮大な世界観を、お腹いっぱいに感じていた当時の子供たちにこの小さな冒険の印象は強く残り、結果口コミ(当時はインターネットはまだマイナーで、あまり使われていませんでした)で爆発的に火がつき、大ヒットを起こしました。

ゲームボーイから始まる携帯ゲーム機の歴史、および、RPGの歴史に、革命を起こしたゲームになります。ぜひ、ニンテンドースイッチでも遊んでみてください。

≫ポケットモンスターシリーズのゲーム紹介

令和の名作:あつまれどうぶつの森(国内売り上げランク1位)

ポケットモンスターが打ち立てた、歴史的な記録は、破られることもなく長年首位を守っていました。そしてゲーム自体も、今までのブランドの続編を作ることがメインになり、新しいブランドを作ることが作ることが難しい時代となりました。

そのような中、任天堂が2001年から温めていた新ブランドが、実に20年の期間を経て花を咲かせます。そのブランドこそ、どうぶつの森シリーズで、2020年にニンテンドースイッチで発売された”あつまれどうぶつの森”は、出荷本数919万本(2021/2時点)となりました。ポケットモンスターの記録を抜き、日本国内で最も売れたゲームの記録更新となります。

ゲームとしては、大きく分けると2つのパートに分かれていて、無人島を開拓・アレンジして自分好みの島にするパート自分好みの島で自由に過ごすパートになっています。この中で、最初の無人島を開拓して生活できる島を作るパートだけは明確にストーリーが提示されているのですが、そこをクリアするとスタッフロールが流れて、自分好みの島で自由に過ごすパートに明確なストーリーはないのです。

そのため、本当に自分の裁量にゆだねられていて、自分の自由に島のアレンジや生活を送ることができます最終的な島の理想形も各人にゆだねられていて、人によって最終的な島の形が大きく変わったりしますそこから、オンラインで他の人の島にお邪魔して、他の人との島の違いを楽しんだり、SNSで写真をアップロードしてそれぞれの島の魅力をアピールするという遊びも生まれました。(ちなみに、任天堂は、ガイドラインに沿った範囲でのゲーム写真などのアップロードに著作権を請求しない方針を表明しているので、安心してアップロードできます。)

このような、新しい遊びを伝えられたことが、このゲーム一番の魅力だと思います。

≫あつまれどうぶつの森のゲーム紹介

ニンテンドースイッチがあれば名作が沢山楽しめる

日本国内の売り上げトップ5のゲームを紹介しました。

これらのランキング上位のゲームのほとんどが、ニンテンドースイッチで移植やリメイクなどされているので、ニンテンドースイッチがあれば遊ぶことができます。

具体的には、

  • ランキング4位のスーパーマリオブラザーズ
  • ランキング2位のポケットモンスター赤・緑のリメイク
  • ランキング1位のあつまれどうぶつの森

を、遊ぶことができます。

国内で売れただけあって、どれも名作ぞろいです。ぜひ手に取って、遊んでみてください。

【関連記事】
任天堂の歴史を知りたい方は、こちらの記事もどうぞ!
≫任天堂の歴史 花札からニンテンドースイッチまで

おまけ

ブログリンクのお願い

当サイトは原則、自由にリンクいただいて大丈夫です。(悪質な引用などを除く。)
もし記事引用された場合や、紹介したい記事ありましたら、リンクお願いします。
リンクいただいた際、twitterや問い合わせフォームなどでご一報貰えると嬉しいです。
URLはこちら:https://dglila.com/

にほんブログ村

にほんブログ村に参加しています。
任天堂カテゴリPVランクで最高1位に到達することができました!
応援のため、記事がよければ、こちらをクリックください!
にほんブログ村 ゲームブログ 任天堂へにほんブログ村
プロフィールはこちらから。
PVアクセスランキング にほんブログ村

質問箱

お試しで質問箱を設置しました。(お試しなので今後、削除するかもしれません。)
匿名で質問できるので、ブログの内容で気になることがあれば質問ください。
感想もお待ちしています。
質問&回答閲覧はこちらから

twitter

twitterにて、ブログ更新情報を連絡してます。また、任天堂豆知識を毎日投稿しています。
定期的にゲーム情報をツイートするので、よければフォローしてください。
フォローはこちらから
タイトルとURLをコピーしました