Information:毎週月・水・金20時更新予定。定期的に遊びにきてください!!

【レビュー】スーパーマリオ3Dコレクションの内容は?難易度は?どれからやる?

スーパーマリオ3Dコレクションレビュー

こんな方へおすすめ

  • マリオのゲームを沢山Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で遊びたい方
  • 昔のマリオのゲームに改めて触れてみたい方

ここが〇

  • 3個の3Dアクションが収録されており、ボリューム・コスパが非常に良い
  • 昔のハードを探すことなく、マリオの名作ゲームが楽しめる
  • それぞれのゲームが3者3様の個性をもっている

ここが×

  • 期間限定品のため2021年3月をもって発売終了してしまった

2020年9月18日、任天堂からスーパーマリオ3Dコレクションが期間限定で発売されました。残念ながら期間限定で、もう発売されていないのですが、既に買われた方も多いと思います。(未所持の方は、中古で購入するという手段もあります。)

スーパーマリオ3Dコレクションは、スーパーマリオ64、スーパーマリオサンシャイン、スーパーマリオギャラクシーの、過去発売された3Dアクション3本が1つのソフトとなって発売されているのですが、どれから遊んでいいか迷ってしまいますよね?
また、プレイするにあたって、各ゲームの内容や難易度も気になるところです。

そこで、任天堂ファン歴30年の管理人 遠藤ティム(@endotimJP) が、各ゲームをプレイした経験をもとに、スーパーマリオ64、スーパーマリオサンシャイン、スーパーマリオギャラクシーの特徴、難易度を紹介し、おすすめのプレイ順番も解説していきます

この記事を読むことで、スーパーマリオ3Dコレクションを買うべきか、どれから順にプレイしたらいいか判断できます。

結論は、マリオのゲームを沢山Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で遊びたい方におすすめです。

スーパーマリオ3Dコレクションは、3個の3Dアクションが収録されており、ボリューム・コスパが非常に良いです。また、過去のハードを持っていなくてもニンテンドースイッチで遊べるところもメリットです。

ゲームを始めてプレイするは、

  1. スーパーマリオ64
  2. スーパーマリオギャラクシー
  3. スーパーマリオサンシャイン

の順番でプレイするのがおすすめです。

≫スーパーマリオシリーズのストーリー、キャラクター、ゲームなど

≫スーパーマリオ3Dコレクションと、スーパーマリオオデッセイとの比較レビュー

どんな内容?スーパーマリオ3Dコレクション収録ゲームの特徴を紹介

スーパーマリオ64の特徴

こんな方へおすすめ

  • シンプルな3Dアクションを楽しみたい方
  • 3Dアクションを初めて触る方

スーパーマリオ64は1996年にNINTENDO64のロンチタイトルとして発売されました。当時はアクションといえば2Dアクションが主流だったのですが、始めて奥行きもある3Dアクションを発売し、ヒットしました。

当時から評価は高く、国内・海外問わずいくつも賞を受賞しました。また、バンジョーとカズーイの大冒険や、キングダムハーツなどこのゲームの影響を受けて作られたゲームは多数あります。

スーパーマリオ64の特徴としては、始めての3Dアクションということで、内容はシンプルですが、ステージやカメラ関係のシステムの完成度が非常に高いことがあります。

ステージは、3D空間を自由にマリオを動かせるよう、他のゲームと比べると、障害物の少ない広々とした作りになってます。広いフィールドで、360度自由にマリオを動かせるということが、スーパーマリオ64の魅力になります。

このフィールドでスターを集めるのが目的なのですが、スターは3D空間の至る所に隠されており、探さないといけません。例えばある水中のステージでは、沈没船や海底洞窟、貝の中、意外な箇所ではウツボがスターを隠し持っていたりします。マリオを動かしてスターを探すことも、スーパーマリオ64の楽しみです。

≫スーパーマリオ64の個別レビュー記事

スーパーマリオサンシャインの特徴

こんな方へおすすめ

  • 難易度の高い3Dアクションに挑戦したい方
  • 3Dシューティングゲーム(スプラトゥーンなど)が好きな方

スーパーマリオサンシャインは2002年にNINTENDO GAMECUBE(ニンテンドーゲームキューブ)のソフトとして発売されました。スーパーマリオ64から実に6年後の新規タイトル発表でした。

このゲームの特徴は、3Dマリオにシューティングの要素を組み込んだポンプアクションの導入と、サンシャインの名の通り南のリゾート島を思わせる世界観、魅力的なステージです。

今回のマリオはポンプを背負い、ポンプから水鉄砲を発射することができます。このポンプアクションにより、従来の3Dアクションシューティング要素が加わり、アクションの幅が広がりました。

的に照準を合わせながら(エイムしながら)水を発射するアクションや、それを利用しないと倒せないボス、ギミックなどもあるため、シューティングの腕(難しい言葉でいえばTPSの腕)も必要になってきます。

そして、今回の舞台となるドルピック島は、南の島のリゾート地という位置づけなのですが、島もどこか異国情緒ただようリゾート地っぽいイメージになってます。

リゾート地がステージの舞台にもなっているのですが、船のドックがあったり、遊園地があったり、ホテルがあったり、モンテ族の村があったりで、世界観に沿った色々なギミックがあります。船のドッグの骨組みですら、マリオにとってはアクションのコースになります。広いフィールドでありながら、無駄な空間のないコース設計は実に見事です。

≫スーパーマリオサンシャインの個別レビュー記事

スーパーマリオギャラクシーの特徴

こんな方へおすすめ

  • 斬新な3Dアクションを探している方
  • マリオがダイナミックに動きまわる様子を見たい方

スーパーマリオギャラクシーは2007年にwiiで発売されました。発売から10年以上経っていますが、いまでも古さを全く感じることはないです。

スーパーマリオギャラクシーの特徴は、宇宙の星を表現する独自の球状地形新キャラクターロゼッタを中心に据えた幻想的でミステリアスなストーリー・世界観です。

宇宙と星をテーマにしているので、アクションの舞台も宇宙に浮かぶ小さな星です。小さな星なので、地形が球状になっていて、球状の星を1周することができるほか、ある星から別の星へジャンプすることができます。

普通の3次元アクションですと、重力方向は常に一定になっていて、幅・奥行き・高さの3軸で3次元を表現しているのですが、マリオギャラクシーは重力の方向が星の数だけあるので、幅・奥行き・高さに加えて星々の重力という新しい軸が加わり、文字通り異次元のアクションが楽しめます。

3Dアクションは一通りやり、新しい3Dアクションをやってみたい方に、おすすめです。

今回のストーリーは、ほうき星の天文台と呼ぶ宇宙ステーションを基点に進んでいくのですが、このほうき星の天文台が、音楽もあいまってすごく幻想的で神秘的な作りになっています。

また、ほうき星の主であり、マリオの協力者ロゼッタは、ミステリアスな雰囲気が魅力でマリオシリーズ屈指の人気を誇っています。マリオギャラクシーをプレイする際は、ぜひ彼女の言葉にも注目してみてください。

≫スーパーマリオギャラクシーの個別レビュー記事

難易度は?難しさを各ゲームで比較

スーパーマリオ64の難易度

スーパーマリオ64の難易度は、そこまで高くありません

アクション自体もそこまでシビアではない上、集めるスターも120枚中70枚でエンディングを見ることができるので、苦手なステージや見つからないスターを飛ばすこともできます。

ただし、120枚全てのスターを集めると、かなり難易度は上がります。やりこみ要素なので、集めるスターの枚数で難易度を調整しましょう。

ステージ自体もシンプルなステージが多いので、3Dアクションが初めてという方にもおすすめです。

スーパーマリオサンシャインの難易度

スーパーマリオサンシャインは、精度の高いアクションが要求されるうえ、ステージに登場するシャインは全て集めないといけない(苦手なステージを飛ばすことができない)ので、他のゲームに比べると難易度は高いです。

難しいポイントはいくつかありますが、クリアさせる気がないという理不尽な物でなく、攻略法さえみつければ確実に上達する手ごたえはあり、いつか突破できるという、攻略しがいのある難易度になっていると思います。

ゲームの腕に自身がある人や、既存の3Dアクションに飽きてしまった人には、ぜひおすすめしたいです。

スーパーマリオギャラクシーの難易度

スーパーマリオギャラクシーは、特徴で話した球体形状のステージや、ポインタ操作のアクションなどでややクセはありますが、要求されるアクションはそこまで難しくありません。

スーパーマリオ64やサンシャインと違い、基本的に目的のスターまで1本道なので、やることも明確で迷うことも少ないです。

また、スーパーマリオ64と同様、スターは120枚中60枚を集めればエンディングを見れるので、苦手なステージは飛ばすことができます。

スーパーマリオ3Dコレクション収録ゲームの難易度の比較

基本的には、64⇒ギャラクシー⇒サンシャインの順番になると思います。ただし、ギャラクシーは球体形状にクセがあるので、そのクセに慣れれば、ギャラクシー⇒マリオ64⇒サンシャインの順になると思います。

どれからやる?おすすめのプレイ順番を紹介

スーパーマリオ3Dコレクションの収録ゲームの内容と、難易度を紹介しました。どれも個性的なので、どれからプレイしていいか迷ってしまうことも多いと思います。

そこで、個人的な見解で、スーパーマリオの3Dアクションに慣れていない人を対象に、おすすめのプレイ順番を紹介していきます。迷ったら、参考にしてください。

スーパーマリオ3Dコレクションおすすめのプレイ順番

スーパーマリオの3Dアクションに慣れていない人は、最もシンプルなスーパーマリオ64から始めましょう。3Dアクション最初のゲームなので、独特なゲーム要素もなく、感覚を掴むにはちょうどよいと思います。

スーパーマリオ64をクリア出来たら、スーパーマリオサンシャインに行きたいところですが、スーパーマリオサンシャインは少し難しいので飛ばして、次はスーパーマリオギャラクシーをやってみましょう。球体形状やポインタの操作にクセはありますが、アクションゲームとしての難易度はそこまで難しくありません。

ここまでクリア出来たら、最後にスーパーマリオサンシャインに挑戦してみましょう。アクションとしては一番難しいですが、これがクリアできたら、もう3Dアクションの中上級者の仲間入りです。

その他のプレイ順番

既にゲームをプレイしているなら、スーパーマリオ64⇒スーパーマリオサンシャイン⇒スーパーマリオギャラクシーと順番通りプレイして、マリオの進化の歴史を確認してもいいと思います。

また、最近のグラフィックに慣れたプレイヤーでしたら、逆の順番で、スーパーマリオギャラクシー⇒スーパーマリオサンシャイン⇒スーパーマリオ64とプレイしたほうが、映像面での違和感は少ないと思います。

もちろん、プレイする順番は自由なので、自分の好きな順番でプレイするのが一番ですし、途中で止まってしまったら別のゲームに切り替えても支障ありません。

スーパーマリオ3Dコレクションは3者3様の個性があり、コスパ最高

スーパーマリオ3Dコレクションに収録されている、スーパーマリオ64、スーパーマリオサンシャイン、スーパーマリオギャラクシーの特徴と難易度、おすすめのプレイ順番を紹介してきました。

3者3様の個性があり、どのゲームもプレイしていて非常に面白いゲームとなっています。

クリアは難しくないですが、全てのスターやシャインを集めようとすると、かなり難しくなってきて、ボリュームもあります。ぜひ腕に自信がある人は、コンプ目指してやりこんで下さい。

腕に自信がない人や始めての人でも、マリオを3D空間で自由に動かしているだけでも、楽しいと思います。

期間限定発売なのが残念ですが、まだ中古なら手に入ると思いますので、機会があればぜひ手に取って遊んでみてください。

【関連記事】
スーパーマリオ3Dコレクション収録ゲームの詳細は個別レビュー記事を参照ください。
≫スーパーマリオ64のレビュー記事
≫スーパーマリオサンシャインのレビュー記事
≫スーパーマリオギャラクシーのレビュー記事

スーパーマリオシリーズのストーリーやキャラクター、ゲーム内容紹介はこちらからどうぞ。
≫スーパーマリオシリーズのストーリー、キャラクター、ゲーム紹介

おまけ

ブログリンクのお願い

当サイトは原則、自由にリンクいただいて大丈夫です。(悪質な引用などを除く。)
もし記事引用された場合や、紹介したい記事ありましたら、リンクお願いします。
リンクいただいた際、twitterや問い合わせフォームなどでご一報貰えると嬉しいです。
URLはこちら:https://dglila.com/

にほんブログ村

にほんブログ村に参加しています。
任天堂カテゴリPVランクで最高1位に到達することができました!
応援のため、記事がよければ、こちらをクリックください!
にほんブログ村 ゲームブログ 任天堂へにほんブログ村
プロフィールはこちらから。
PVアクセスランキング にほんブログ村

質問箱

お試しで質問箱を設置しました。(お試しなので今後、削除するかもしれません。)
匿名で質問できるので、ブログの内容で気になることがあれば質問ください。
感想もお待ちしています。
質問&回答閲覧はこちらから

twitter

twitterにて、ブログ更新情報を連絡してます。また、任天堂豆知識を毎日投稿しています。
定期的にゲーム情報をツイートするので、よければフォローしてください。
フォローはこちらから
タイトルとURLをコピーしました