Nintendo Switchのゲーム情報をお届けする任天堂ファンブログ

    ゼルダ無双 厄災の黙示録のレビュー・評価(難易度・ボリューム等)

    • URLをコピーしました!
    こんな方におすすめ
    • ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドが好きな方
    • RPGのように育成要素のあるアクションを楽しみたい方
    〇×レビュー
    • ブレスオブザワイルドの世界観の再現度が高い
    • ブレスオブザワイルド本編で未消化だったストーリーが補完されてる
    • 仲間キャラのアクションが多く個性的
    • アクションゲームとしては操作系が複雑
    • カメラ移動が激しく3D酔いをしやすい
    • ゼルダ無双本編のような自由度はない
    有栖アルゴス

    ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドをクリアした。
    続編が待ちきれない!

    そう思ってるかたも多いのではないでしょうか?

    そのような方には、ゼルダ無双 厄災の黙示録がおすすめです。

    本記事では、ゼルダ無双 厄災の黙示録の難易度・ボリューム・良かった点・気になった点などをレビューします。

    読めば、本作を購入すべきか判断でき、ソフト選びに失敗してお金と時間を無駄にすることが無くなります。

    結論としては、本作はブレスオブザワイルドの100年前の世界を描いており、未消化だったストーリーなどを補完してくれるため、ブレスオブザワイルドが好きだった方やシナリオを深く掘り下げたい方におすすめです。

    ただし、操作系が複雑なので、無双シリーズ特有のシンプルなアクションや爽快性を求めると、期待から外れてしまうかもしれません。

    操作が複雑な分、キャラクターのアクションは豊富で芸が細かいので、ブレスオブザワイルドのキャラクターを、アクションで操作したいという人にもおすすめです。

    本記事はネタバレなしのレビューとなっています。
    ネタバレ込みでクリア後の感想を知りたい方は、『【ゼルダ無双 厄災の黙示録】クリア後の評価・感想(ネタバレ有)』を参照ください。

    この記事を書いた人
    遠藤ティム(@timendoJP)

    <遠藤ティムのプロフィール>

    • ファン歴30年の任天堂ファン
    • 遊んだスイッチのゲームは100本近く
    • ブログ村任天堂カテゴリPV1位

    の任天堂ファンブロガー&ゲーム解説者。

    目次

    ゼルダの伝説シリーズとは

    ゼルダの伝説シリーズとは、主人公リンクを操作して敵を倒しながらダンジョンを攻略していく、ハック&スラッシュ型のアクションゲームです。

    敵を倒すだけでなく、ダンジョンでは至る所に仕掛けや罠が施されているので、それらを頭を使って突破していく謎解き要素もあります。

    基本的には、力のトライフォースを持ったガノン(ガノンドロフ)が復活するため、ガノンの野望をリンクとゼルダ姫が協力して食い止めるというのが、主なストーリーです。

    その他、ゼルダの伝説シリーズ全般のストーリー、キャラクター、遊べるゲームについて、『 ゼルダの伝説とは?スイッチ(Switch)おすすめゲーム紹介 』にまとめています。

    こちらもあわせてどうぞ!

    ゼルダ無双 厄災の黙示録とは

    ゲーム情報

    タイトルゼルダ無双 厄災の黙示録
    対応ハード Nintendo Switch
    発売日2020/11/20
    メーカーコーエーテクモゲームス、任天堂
    ジャンルアクション
    対象人数1~2人
    オンライン通信非対応
    CEROB(12歳以上対象)
    公式サイトこちらからどうぞ!

    ゼルダ無双 厄災の黙示録は、任天堂の協力の元、コーエーテクモゲームスより発売されてる無双系のアクションゲームです。

    ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの世界観・キャラクターをもとに、ブレスオブザワイルドの100年前の大戦の様子を描いています。

    100年前の大戦が舞台なので、リンク・ゼルダなどの他に、若いころのインパや、リーバル、ダルケル、ウルボザ、ミファーの4英傑をプレイアブルキャラとして使うことができます。

    ゼルダ無双は、1作目のゼルダ無双ハイラルオールスターズDXと、2作目のゼルダ無双 厄災の黙示録の2つがあります。

    ハイラルオールスターズDXは時のオカリナ、風のタクト、トワイライトプリンセス、スカイウォードソードなどの幅広いシリーズからキャラクターがでます。

    一方、厄災の黙示録はブレスオブザワイルドに特化したキャラクター・ストーリーの収録となっています。

    遠藤ティム

    自分の好みに応じて選びましょう。

    前作のゼルダ無双ハイラルオールスターズDXについては、『ゼルダ無双ハイラルオールスターズDXを評価!超ボリュームだが飽きるかも』でレビューしています。
    あわせてどうぞ。

    ゼルダ無双 厄災の黙示録の難易度・ボリューム

    難易度・ボリューム・システムレビュー

    難易度
    易しい
    難しい
    ボリューム
    少ない
    多い
    ゲームシステム
    簡素
    複雑

    レビューポリシー

    ゼルダ無双 厄災の黙示録は難易度がイージー・ノーマル・ハード・ベリーハード・アポカリプスの5段階から選べます。

    私は難易度ノーマルでやって、ゲームバランスが適切に感じました。
    初見で始める場合は、こだわりがなければノーマルで始めることをおすすめします。

    遠藤ティム

    難易度は途中で変更もできます。

    ボリュームは、シナリオを進めるだけでも結構な分量があるなと感じました。

    サブクエストもあるので、アクションゲームとしては十分すぎる量です。

    ゲームシステムは、詳細は後述しますが、6個ぐらいのボタンを使い分けないといけないなど、シンプルが売りの無双シリーズにしては複雑な印象がありました。

    遠藤ティム

    無双シリーズ経験者でも、慣れないうちは混乱してしまうかもしれません。

    ゼルダ無双 厄災の黙示録の良かった点

    ブレスオブザワイルドの世界観の再現度が高い

    ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの魅力の一つに、手描きや水彩画っぽい独自のグラフィックがあります。

    そのグラフィックが、ゼルダ無双 厄災の黙示録でも完全に再現されています

    遠藤ティム

    結構グラフィックの負荷が高そうですが、敵が多数出てくるゼルダ無双でこのグラフィックを再現できるのは凄い!

    グラフィックの再現度が高いので、世界観の没入度が高くなります。

    また、キーパーツであったシーカーストーンや、剣・槍・斧・弓などの豊富な武器も無双風にアレンジされて再現されており、ブレスオブザワイルドのアクションを新鮮な気持ちで楽しむことができます。

    遠藤ティム

    回復アイテムのリンゴが、炎攻撃を受けると焼きリンゴになって回復量が上がるという小ネタも。
    地味ですが、ファンには嬉しいですよね。

    ブレスオブザワイルド本編で未消化だったストーリーが補完されてる

    ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドは、通してストーリーが語られる構成でなく、断片的な描写が描かれ、その情報をもとにユーザーが想像を膨らませるという構成でした。

    100年前の大戦についても、全体が語られるということはなく、断片を伝聞で聞くだけでした。

    そのため、ストーリーに未消化な点があったのも事実です。

    ゼルダ無双 厄災の黙示録では、100年前の大戦を1つのストーリーとして描いているため、ブレスオブザワイルドで語られなかったストーリーや設定を補完してくれます。

    人気があったにも関わらず、ブレスオブザワイルドでは戦死していたため共に戦えなかった4英傑も、100年前の大戦がベースなので、一緒に戦ってくれます。

    遠藤ティム

    彼らのバックストーリーも必見です。

    このように、ブレスオブザワイルドでは未消化だったストーリーを補完してくれるのも、ファンの方におすすめしたい点です。

    仲間キャラのアクションが多く個性的

    ゼルダ無双 厄災の黙示録は、仲間キャラの個性が際立つようなアクション設定がされています。

    4英傑を例にとると、

    • 攻撃のスキが少なく、必殺技で体力を回復できるミファー
    • 防御が強く、マグマを噴火させる独自のコンボが使えるダルケル
    • 空を飛び空中アクションが使えるリーバル
    • ゲージをためることで雷を撃つことができるウルボザ

    と、彼らの個性に応じたアクションをすることができます。

    また、シーカーストーンを使ったアクションについては、操作キャラごとに個別のアクションが設定されています。

    リモコン爆弾を矢のように降らせたり、火山弾をビタロックで止めるなど、一風変わったアクションをするキャラも。

    遠藤ティム

    これらのモーションを21キャラ分作るのは大変だったと思われます。
    作りこみに脱帽です。

    序盤に登場するキャラクターの評価については、『【ゼルダ無双厄災の黙示録】序盤おすすめキャラクター・使い勝手評価』を参照ください。

    ゼルダ無双 厄災の黙示録の気になった点

    アクションゲームとしては操作系が複雑

    ゼルダ無双 厄災の黙示録では、ブレスオブザワイルドのように豊富なアクションができるのが魅力ですが、操作系としてみると、

    • Yボタン:弱攻撃
    • Xボタン:強攻撃
    • Aボタン:必殺技
    • Bボタン:回避
    • ZLボタン:防御
    • Lボタン:ロッド・りんご使用(上下左右ボタンで更に使い分け)
    • ZRボタン:キャラクター固有アクション
    • Rボタン:シーカーアイテム(上下左右ボタンで更に使い分け)

    と8個のボタンをリアルタイムで状況に応じて押し分ける必要があります。

    さらにRスティックで視点移動もやらないといけません。

    ちょっとアクションゲームとしては複雑すぎて、何を押せば何が出るか、混乱してしまうことがありました。

    無双シリーズ特有の、シンプルな操作系で味わえる爽快感を期待すると、ギャップを感じてしまうかもしれません。

    カメラ移動が激しく3D酔いをしやすい

    本作は3Dアクションなので、カメラ移動をする必要があるのですが、カメラスピードが速いのでちょっと3D酔いすることがありました。

    カメラ移動も時々ガタつくことがあり、思ったような動きにならないことから、混乱することもあります。

    カメラ移動の速度は、オプションで調整することができます。
    3D酔いしやすい方は、カメラ移動の速度を遅くすることを推奨します。

    ゼルダ無双本編のような自由度はない

    ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドは、崖を登ったり、海を潜ったり、ステージで表示されているフィールドのどこでも行ける自由度が売りでした。

    一方、ゼルダ無双 厄災の黙示録では、移動できる領域は限られており、崖のぼりなどをすることはできません。

    あくまでも無双シリーズであり、ブレスオブザワイルドとは違う別ゲームなので当然なのですが、ちょっとさびしく感じました。

    遠藤ティム

    せめてハシゴくらいは登れるようにしてほしかったです。

    ゼルダ無双 厄災の黙示録のレビュー・評価まとめ

    ゼルダ無双 厄災の黙示録の難易度・ボリューム・良かった点・気になった点などをレビューしてきました。

    本作は、ゼルダ無双シリーズの2作目で、ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの世界観をベースに100年前の大戦を描いています。

    難易度は5種類から選べるのですが、ノーマルでちょうどゲームバランスが良いので、初見ではノーマルを選ぶことをおすすめします。

    ボリュームはストーリーを進めるだけでも、結構ボリュームがあります。

    ゼルダ無双 厄災の黙示録の素晴らしい点は、

    • ブレスオブザワイルドの世界観の再現度が高い
    • ブレスオブザワイルド本編で未消化だったストーリーが補完されてる
    • 仲間キャラのアクションが多く個性的

    などです。逆に、

    • アクションゲームとしては操作系が複雑
    • カメラ移動が激しく3D酔いをしやすい
    • ゼルダ無双本編のような自由度はない

    などが遊んでいて気になりました。

    • ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドが好きな方
    • RPGのように育成要素のあるアクションを楽しみたい方

    におすすめしたいゲームです。

    遠藤ティム

    ブレスオブザワイルドのストーリーが補完されるのはファンには嬉しい限り。
    同作の世界観が好きな方は遊んで損はありません!

    \この記事がいいと思っていただけたら/

    デジリラ.コムからのお願い

    ブログリンクについて

    当サイトは原則、自由にリンクいただいて大丈夫です。
    もし記事引用された場合や、紹介したい記事ありましたら、リンクお願いします。

    にほんブログ村について

    にほんブログ村に参加しています。
    任天堂カテゴリPVランクで最高1位に到達することができました!
    応援のため、記事がよければ、こちらをクリックください!

    にほんブログ村 ゲームブログ 任天堂へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

    質問箱について

    お試しで質問箱を設置しました。
    匿名で質問できるので、感想・ブログの内容で気になることがあればこちらからどうぞ。
    質問&回答閲覧はこちらから

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる