Information:毎週月・水・金20時更新予定。定期的に遊びにきてください!!

【レビュー】ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドを評価!半端ないやりこみ量!

【レビュー】ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドを評価!半端ないやりこみ量!

こんな方におすすめ

  • 自由に進む方向を決めていきたい人
  • 自由度の高いアクションを楽しみたい人
  • 豊富な探索要素が欲しい人

ここが〇

  • 半端なく豊富なやりこみ量
  • 自分の好きなように攻略することができる
  • 自由な生活を楽しむことができる

ここが×

  • アクションが難しいので慣れないうちは敵にやられやすい
  • 風景がワンパターンで少しさみしい
  • ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドって評判いいけど実際のところどうなの?
  • 今までのゼルダの伝説と比べてどう違うの?

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドが気になるという方には、こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか?

本作は2017年のゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど評価の高いゲームなのですが、どこが面白いか説明がなかなか難しいゲームでもあるので色々な評価が入り混じっています。

そこで本記事では、任天堂ファン歴30年、ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドもクリア済の管理人 遠藤ティム(@endotimJP) が、本作の特徴や他のゼルダの伝説との違い、素晴らしい点や残念な点などを紹介します。

本記事を読めば、ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの特徴がわかり、自分に合ってるゲームか判断できます。

結論としては、本作は120の祠と900のコログ探しなどのやりこみ要素が豊富なアクションゲームです。また、オープンエアーという空間で、自由度の高いアクションが楽しめるのが特徴です。自由度が高いゲームや、やりこみ量が豊富なゲームを探している方に、おすすめしたいゲームとなっています。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(botw)とは

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドは、2017年に任天堂から発売された、ニンテンドースイッチで遊べるゼルダの伝説シリーズの最新作です。ゼルダの伝説シリーズの特徴については、『ゼルダの伝説とはどんなゲーム?キャラクター、ストーリー、時系列、主要ゲームを紹介』を読んでください。

「ゼルダのアタリマエを見直す」という開発コンセプトの基、今までのゼルダの伝説から新しい要素を盛り込んだ、意欲作になっています。前述の通り、2017年のゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、国内外から高い評価を受けているゲームです。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(botw)の特徴

オープンエアーで表現される自由な空間

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドは、オープンワールドを更に発展させた、オープンエアーで表現される空間で、主人公リンクを自由に動かせるのが特徴です。

従来のゼルダの伝説シリーズは、剣を使って敵を倒しながら進んでいくゲームなのですが、本作でできることは敵を倒すだけではありません。剣や爆弾、弓を使って、いろんなことができます。

例えば、木の実を取ったり、木を切り倒したり、動物(鹿や牛、鳥など)を狩ったり、魚を釣ったり、料理をしたり。。。

ブレスオブザワイルド(野生の伊吹)のごとく、様々な野性的な行動が体験できます。

これらの体験は強制されないため、絶対にやらないといけないというわけではありません。

ですが、これらの体験をして作った料理で体力が回復できたり、素材を使って武器を作ったりすることができます。

結果的に、これらの野性的な体験を通じて、リンクが成長していけます。

攻略面での高い自由度

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドは、攻略面で高い自由度を誇ります。

今までのゼルダは、決められた順番に沿ってアイテムを集めてダンジョンをクリアしていく必要がありました。

しかし、今作のゼルダではチュートリアルの後、ガノンを倒すように言われるのですがが、ガノンを倒す以外の目的は何も示されません。極端な話、各種ダンジョンをすっ飛ばして、チュートリアルの後いきなりガノン城に行って倒しても大丈夫です。難しいのですが。

また、今までのゼルダでは、高い山などマップ上にあるけど移動できない(踏み入れられない、越せない)箇所がありました。

一方、今作のゼルダでは地図上にあれば、高い山でも海でも移動したり踏み越えたりすることができます。例えば、地点Aから山に阻まれた地点Bへ移動するのに、普通なら山を避けて道沿いに進むのですが、強引に進みたい人は山を乗り越えて突破することもできます。

ダンジョンのクリア順序決定や、ルート選択を自分の思うがままに選べるなど、攻略に自由度が高いのも本作の特徴です。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(botw)の素晴らしい点

半端なく豊富なやりこみ量

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドでは、ダンジョンに相当する祠の数120個あります。祠は探すのも大変な上、中に入ってからもお題をクリアする必要があります。

頑張って祠のお題をクリアするとリンクがパワーアップするので、祠を何個か巡ってリンクをパワーアップさせてから、ガノン城に行ってガノンを倒すのが大まかな進め方になります。

この巡る祠の数、30~60ぐらい行けばゲームクリアに十分な強さが得られるですが、やりこみのためにクリア後も祠をクリアして、リンクを更にパワーアップさせることができます。

クリア後の祠クリアが、RPGでいうレベル99に高めるような感じで、やりこみ要素としてやりがいがあります。

祠だけで飽き足らない方は、コログの実を集めてみてはいかがでしょうか?

コログの実はフィールドのいたるところに隠されているのですが、その数なんと900個。今まで全てのポケモン集めた数より多いです。何人コンプリートされた方がいるのか突っ込みたくなるぐらいの物量ですね。

チャレンジされる方は、頑張って収集してみてください。(パワーアップだけなら半分の450個ほどでフルパワーアップできるのでご安心を。それでも十分多いですが。)

自分の好きなように攻略することができる

自由度のあるゲームをやろうとしたら、あそこにいけ、ここに行けと言われて、げんなりしたことないでしょうか?

またはクリアに必要な順番が提示されていて、思っていたのと違うと思ったことはないでしょうか?

これは、ゲームプレイ自体に自由度はあるかもしれないのですが、攻略面で自由度が少ないために起きる問題です。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドでは、入るダンジョンや祠の順番を自由に選ぶこともできますし、面倒であれば飛ばすこともできます。

そのため、攻略面の自由度が非常に高い作りになっています。

ストーリー面では4人の英傑を助けるという話があるのですが、あくまでサブストーリー扱いなので、飛ばしても支障ありません。

前述の祠も120個ありますが、十分強くなったと感じたら、全部やらずにガノン城へ殴りこんでも問題ありません。

更に、ゼルダの伝説定番のマスターソードも登場します。強い剣になっているので、手に入れたら冒険が楽になりますが、抜かなくてもクリアできます。

その他のサブストーリーもいくつかあります。気になるなら見てもいいけど、飛ばしても問題ありません。

攻略において、どのように進めるかがプレイヤーにゆだねられています。どうやってもクリアできるし、何をやって何をやらない含め、プレイヤーが自分の裁量で自由に決めることができます。

攻略の自由度が非常に高いことが、本作の素晴らしい点です。

自由な生活を楽しむことができる

前述の通り、今回のゼルダはオープンエアーと呼ばれるゲームシステムを採用しており、リンクは色々なことを出来ます。

木の実を取ったり、木を切り倒したり、動物(鹿や牛、鳥など)を狩ったり、魚を釣ったり、料理をしたり。高い山に登ることに楽しみをみいだしたり、海の先をひたすら泳ぐことに没頭したりもできます。

ゲームの進行と直接関係はないのですが、プレイヤーの思うがまま、自由にリンクを操ってハイラルの生活を過ごすのも非常に楽しいです。

地域によって生息する生き物や風景も変わってくるので、ゲームの進行そっちのけでハイラルの生活を楽しむ人も続出しています。

このように、従来にも増してリンクの行動に自由さが増しているのが、素晴らしい点です。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(botw)の残念な点

アクションが難しいので慣れないうちは敵にやられやすい

今回のゼルダの伝説の敵は強めになっています。

敵の攻撃力が高いので、1撃で受けるダメージが大きく、特に序盤の体力の少ないうちはすぐに敵にやられてしまう事が多くなっています。また、攻略法や敵の攻撃パターンがわからない始めのうちは、わけのわからないまま一方的にやられてしまうことも多いです。

攻略の順番がないことから、はじめのうちは敵が弱いという配慮も少なく、やられながらパターンを覚えていくという作業が必要になるかもしれません。

敵が強いので何回かやられながら覚えていくということを、プレイ前に覚悟しておいたほうが望ましいです。

このように、序盤のうちは頻繁に倒れてしまうのは、自由に攻略できるオープンワールドでは、どこから先に進むのか自由なのでありがちなのですが、残念な点です。

風景がワンパターンで少しさみしい

ガノンに滅ぼされたハイラル王国が舞台となっているので、世界観上仕方がない点なのですが、広大な土地にも関わらず建物が廃墟だけで少し寂しく感じます。

風景も、草原、火山、砂漠、森林、雪原などいくつかフィールドはあるのですが、自然物以外の変化が少ないので、少し単調に思えてしまうかもしれません。

また、リンクのできるアクション自体は豊富なのですが、場所によって取れるアクションの違いがあまりなかったり、同じことの繰り返しになりがちなので、飽きてしまう人も出てくるかもしれません。

ここは個人の好みの問題になってきますが、個性的な雰囲気の世界を冒険したいという方は、同時期発売のスーパーマリオオデッセイの方が楽しめるかもしれません。

気になる方は、『【レビュー】スーパーマリオオデッセイの評価は?面白い?難易度は?【傑作オープンワールド】』も読んで下さい。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(botw)の評価まとめ

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの特徴や他のゼルダの伝説との違い、素晴らしい点や残念な点などを紹介しました。

本作は120の祠と900のコログ探し、サブストーリーなどのやりこみ要素が豊富な点が特徴です。また、祠やコログ、ダンジョンなどもクリアするもしないも、順番もプレイヤーが自由に決められるため、攻略の自由度が高い点が素晴らしい点です。クリアまでに取り損ねた祠は、やりこみ要素として楽しむこともできます。

また、アクション面での自由度も高い作りとなっています。今回のゼルダはオープンエアーと呼ばれるゲームシステムを採用しており、リンクは色々なことを出来ます。

このように、攻略の面でも取れるアクションの面でも、自由度が高いゲームとなっています。

やりこみ量が豊富なゲームや、自由度が高いゲームを探している方に、おすすめゲームとなります。

本記事を見て気になったら、ぜひ手に取ってみてください。

関連記事

ゼルダの伝説シリーズの特徴・ストーリー・キャラクター・ニンテンドースイッチで遊べるゲームについては、下記リンクからどうぞ。
≫ゼルダの伝説とはどんなゲーム?キャラクター、ストーリー、時系列、主要ゲームを紹介

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド と同時期に発売され、共に名作と言われている、スーパーマリオオデッセイもレビューしています。こちらからどうぞ。
≫【レビュー】スーパーマリオオデッセイの評価は?面白い?難易度は?【傑作オープンワールド】

おまけ

ブログリンクのお願い

当サイトは原則、自由にリンクいただいて大丈夫です。(悪質な引用などを除く。)
もし記事引用された場合や、紹介したい記事ありましたら、リンクお願いします。
リンクいただいた際、twitterや問い合わせフォームなどでご一報貰えると嬉しいです。
URLはこちら:https://dglila.com/

にほんブログ村

にほんブログ村に参加しています。
任天堂カテゴリPVランクで最高1位に到達することができました!
応援のため、記事がよければ、こちらをクリックください!
にほんブログ村 ゲームブログ 任天堂へにほんブログ村
プロフィールはこちらから。
PVアクセスランキング にほんブログ村

質問箱

お試しで質問箱を設置しました。(お試しなので今後、削除するかもしれません。)
匿名で質問できるので、ブログの内容で気になることがあれば質問ください。
感想もお待ちしています。
質問&回答閲覧はこちらから

twitter

twitterにて、ブログ更新情報を連絡してます。また、任天堂豆知識を毎日投稿しています。
定期的にゲーム情報をツイートするので、よければフォローしてください。
フォローはこちらから
タイトルとURLをコピーしました