Information:毎週月・水・金20時更新予定。定期的に遊びにきてください!!

ゲームオーケストラとは?魅力や聴き所、クラシックとの違いを紹介

ゲームオーケストラ 特徴と魅力

現在、ゲーム音楽を題材にしたオーケストラが世界各地で開催されています。最近では、東京オリンピックの開会式でゲーム音楽のオーケストラが流れたことでも話題になりました。

しかし、オーケストラというと、クラシックが一般的です。なぜわざわざゲーム音楽をオーケストラにする必要があるのか、クラシックとの違いはなにかなど、疑問を持つ方も多いと思います。

そこで本記事では、今まで過去5回以上のオーケストラに行った来た管理人 遠藤ティム(@endotimJP) が、ゲーム音楽のもつ魅力や注目してほしいポイントなどを紹介します。

この記事を読むことで、ゲーム音楽のオーケストラの魅力に気づくことができます。

ゲームオーケストラは、

  • 昔やったゲームの背景を思い出しながら楽しむ
  • ゲーム音楽から、そのゲームの場面を思い描きながら楽しむ
  • 曲のアレンジや解釈を楽しむ

という楽しみ方ができることが、大きな魅力になります。

ゲームオーケストラの魅力

ゲームオーケストラの歴史

ゲーム音楽をアレンジしたオーケストラは、クラシックと比べると歴史が浅いのですが、2014年に日本で初めてのゲーム音楽を専門に扱うプロ交響楽団「JAGMO」が生まれました。

前身の日本BGMフィルハーモニー管弦楽団が、倒産の危機に陥ったとき、ゲーム音楽を専門にした演奏会をしたところ、これがヒット。当時の会長さんから、ゲーム音楽主体での活動継続案を受け、現在のJAGMOが立ち上がりました。

その後も、ゲーム音楽オーケストラは成功を重ね、2015年にはフランスのパリでの公演も行っています。

そして、2016年には、NHKにてゲームオーケストラだけを扱うコンサート番組「シンフォニックゲーマーズ」が放送されました。こちらも非常に好評で、なんと4本(4公演分)も放送されました。

日本でも、世界でもゲームオーケストラは愛され続けてます。

こちらは、2020年にイギリスのロンドンで、ゲームアワードの中で行われたオーケストラの様子です。聴き馴染みのある地上BGMが、オーケストラで壮大に演奏されていますね。

ゲームオーケストラとクラシックの違い

さて、オーケストラというと、一般的にはクラシック音楽の演奏会が一般的です。クラシック音楽のイメージから、敷居が高すぎて敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか?

その気持ちはわかります。

クラシック音楽ですと、曲の知識はもちろんのこと、その曲ができた時代背景や、当時のヨーロッパの世界観(宗教観)なども知らないと理解できないので、難しくなってしまいます。

しかし、ゲーム音楽ですと、そのような心配は無用です。

曲の知識は、以前何度もゲームをやっていたので、その曲を口ずさめるほどに覚えているはずです。

その曲ができた時代背景も、当時ゲームをプレイしていたはずなので、作曲された時代背景もご存じかと思います。

当時の世界観も、今までプレイしていたゲーム画面の中で、鮮明に広がっていたはずです。

ゲーム音楽は誰でも知ってる、思い入れがある点が魅力

この、前提知識や歴史背景、思い入れをみんな持っている点が、クラシックにないゲームオーケストラの魅力になります。

クラシックの楽曲が持つストーリーはわからなくても、ゲームの持つストーリーや、どんな場面でどんなタイミングでBGMが流れていたかは、皆さんご存じだと思います。

また、皆さんゲームの中に、思い入れのある名曲が存在するのではないでしょうか。

つまり、オーケストラを楽しむために必要とされる、曲・時代背景・世界観といった基礎知識は、ゲーム音楽においては自然と頭に入っているのですね。

これは、数百年昔の音楽であるクラシック音楽と、現在進行形で生み出され続けられているゲーム音楽との、大きな差であると思います。

前提知識はすでにあるので、思う存分、オーケストラを楽しむことができます。実際にオーケストラを聴いてみたい方は、『ゲームオーケストラへ行く時の服装は?当日の流れやマナーを紹介』の記事も読んでください。チケットの予約方法や服装、マナーなどを紹介しています。

ゲームオーケストラの聴きどころ

ゲームという舞台音楽の持つメロディー

ゲーム音楽の特徴として、ゲームの世界観にマッチした曲になってる点があります。ゲームの特定の場面を表現するために、そこにあった曲が作られていきます。

フィールドを軽快に走り回るアクションであればテンポの良さ、広大なフィールドを歩き回るRPGでは壮大な音楽、また神殿などでは荘厳な音楽も使われているでしょう。(ドラゴンクエストの曲を作曲されたすぎやまこういちさんは、クラシックの音楽をベースに曲を作られたと話されていました。)

好きなゲームであれば、ゲーム音楽も思い入れがあるではないでしょうか。

ゲーム音楽は舞台音楽でもあり、ゲーム音楽を聴くだけでその場面がありありと広がっていきます。

ゲームオーケストラを聴くときは、そのBGMが流された場面を想像し思い描くことが、楽しみの一つになります。

ゲームという制約から生まれた独特のメロディーとアレンジ

ファミコンの音楽については、基本3和音しか出せません。(独自チップを開発したゲームなどでは例外あり)ですが、その分メロディーは、キャッチーでこだわりのある独自の音楽となっていることが多いです。

しかしオーケストラは何十人で演奏しますよね。そのため、オーケストラ音楽用にアレンジして、演奏されます

また、ゲーム音楽は電子音なので、楽器で演奏することを考えずに作られている部分もあります。そのような箇所も、オーケストラ音楽用にアレンジする必要があります。

編曲者がアレンジを考えるのですが、編曲者によってその曲の印象がガラッと変わったりします。聞き込んだ曲であれば、この曲を編曲者はどう解釈して、どうオーケストラに落とし込んだかなども、考察できるかもしれません。

編曲をどうまとめるのか、どうアレンジを加えるのかというところも、ゲーム音楽の聴きどころになります。

ゲーム音楽という日本から生まれた音楽文化

ゲームオーケストラの魅力や特徴について紹介してきました。

ゲームオーケストラはクラシックに比べると生まれたのは最近ですが、今も発展し続けており、世界中で演奏されています。そしてゲーム音楽自体も、どんどん進化して生み出され続けています。

いままさに、進化の歴史を見続けているといえるかもしれません。

ゲームオーケストラは、

  • 昔やったゲームの背景を思い出しながら楽しむ
  • ゲーム音楽から、そのゲームの場面を思い描きながら楽しむ
  • 曲のアレンジや解釈を楽しむ

と楽しむことができる点が、独自の魅力になります。

とはいうものの、やはり音楽は実際に聴いて感じていただくのが一番。しかし、実際に演奏会場に足を運ぶのは、まだ敷居が高いかもしれません。

そのような方へ向けて、『【ゲーム音楽】星のカービィオーケストラの視聴方法、おすすめ曲紹介』では、自宅で試しにゲーム音楽オーケストラを楽しむ方法を紹介しています。AmazonのPrime Musicで聴けるので、なんと、アマゾンプライム会員なら無料で聴くことができます!

ぜひこちらも読んで、ゲーム音楽オーケストラを聞いてみてください。

関連記事

実際にオーケストラを聴いてみたい方は、こちらの記事も参照ください。
≫ゲームオーケストラへ行く時の服装は?当日の流れやマナーを紹介

ゲームオーケストラを試しに聞いてみたい方へは、星のカービィ オーケストラをおすすめします。内容や視聴方法は、こちらの記事を読んで下さい。
≫カービィオーケストラの視聴方法、おすすめ曲紹介

おまけ

ブログリンクのお願い

当サイトは原則、自由にリンクいただいて大丈夫です。(悪質な引用などを除く。)
もし記事引用された場合や、紹介したい記事ありましたら、リンクお願いします。
リンクいただいた際、twitterや問い合わせフォームなどでご一報貰えると嬉しいです。
URLはこちら:https://dglila.com/

にほんブログ村

にほんブログ村に参加しています。
任天堂カテゴリPVランクで最高1位に到達することができました!
応援のため、記事がよければ、こちらをクリックください!
にほんブログ村 ゲームブログ 任天堂へにほんブログ村
プロフィールはこちらから。
PVアクセスランキング にほんブログ村

質問箱

お試しで質問箱を設置しました。(お試しなので今後、削除するかもしれません。)
匿名で質問できるので、ブログの内容で気になることがあれば質問ください。
感想もお待ちしています。
質問&回答閲覧はこちらから

twitter

twitterにて、ブログ更新情報を連絡してます。また、任天堂豆知識を毎日投稿しています。
定期的にゲーム情報をツイートするので、よければフォローしてください。
フォローはこちらから
タイトルとURLをコピーしました