Nintendo Switchのゲーム情報をお届けする任天堂ファンブログ

    ブレイブリーデフォルト2のレビュー・評価(難易度・ボリューム等)

    • URLをコピーしました!
    こんな方におすすめ
    • 歯ごたえのある戦闘を楽しめるRPGを探している方
    • 大人向けの落ち着いたストーリーのRPGを探している方
    〇×レビュー
    • 敵(特にボス)が強く歯ごたえのある戦闘が楽しめる
    • ジョブ選択で攻略の自由度が高い
    • ストーリー展開が秀逸
    • ロード時間が長い
    • ボスの初見殺しが露骨
    • ジョブ性能の差が激しい
    遠藤ティム

    RPGは楽しいけれど、戦闘が簡単すぎて単純作業になってしまうのが嫌。

    と思っている方、ブレイブリーデフォルト2をやってみてはいかがでしょうか?

    ブレイブリーデフォルト2はスクウェア・エニックスから発売された、骨太な戦闘が楽しめるRPGです。

    この記事では、ブレイブリーデフォルト2の難易度・ボリューム・良かった点や気になった点をレビューします。

    本記事を読めば、購入にあたってブレイブリーデフォルト2が合っているか判断でき、失敗して時間とお金を無駄にすることが無くなります。

    結論は、ブレイブリーデフォルトの魅力は

    • 歯ごたえのある戦闘
    • ジョブ選択による攻略性の高い自由度
    • 秀逸なストーリー展開

    にあります。

    ブレイブリーデフォルト2以外のRPGもやってみたい方は、『Switch(スイッチ)おすすめRPG(ロールプレイゲーム)3選』もどうぞ。
    おすすめのRPGをまとめています。

    この記事を書いた私のプロフィールは、以下の通りです。

    この記事を書いた人
    遠藤ティム(@timendoJP)

    <遠藤ティムのプロフィール>

    • ファン歴30年オーバーの任天堂ファン
    • 遊んだニンテンドースイッチのゲームは100本以上
    • 語れる任天堂豆知識200個以上
    • ブログ村任天堂カテゴリ1位
    • ゲームの腕はいまいち

    の任天堂ファンブロガー&ゲーム解説者。

    私は30年以上任天堂ファンをしてきました。

    すべての任天堂ファンに役立つ情報をお届けします。

    目次

    ブレイブリーデフォルト2とは

    ゲーム情報

    タイトルBRAVELY DEFAULT II
    対応ハード Nintendo Switch
    Steam
    発売日2021/2/26
    メーカースクウェア・エニックス
    ジャンルRPG
    対象人数1人
    オンライン通信基本非対応
    CEROC(15歳以上対象)
    公式サイトこちらからどうぞ!

    BRAVELY DEFAULT II (以下ブレイブリーデフォルト2)はスクウェア・エニックスから発売されたRPGです。

    ブレイブリーデフォルトシリーズの2作目ですが、前作とのストーリーの繋がりはないため、前作を遊んでいなくても楽しめます。

    本作はターン性バトルにこだわっていて、ブレイブ&デフォルトという独自のバトルシステムが高い戦略性を産んでいます。

    ブレイブというのは次のターン1ターンを前借りして、1ターンに2回行動できるシステムです。
    デフォルトは1ターン防御するかわりに、次のターンで複数回行動が出来るようになります。

    このブレイブデフォルトを組み合わせて、戦い方を組み立てていきます。

    例えば、雑魚敵ではブレイブをして速攻で倒す、ボス敵はデフォルトでターンをためながら一気に攻撃する、という戦い方が有効です。

    ブレイブ&デフォルトを前提としており、敵の強さは基本強めに設計されています。

    ブレイブリーデフォルト2のボリューム・難易度

    難易度・ボリューム・システムレビュー

    難易度
    易しい
    難しい
    ボリューム
    少ない
    多い
    ゲームシステム
    簡素
    複雑

    レビューポリシー

    ブレイブリーデフォルト2の難易度は高めです。

    私は難易度をNormalでプレイしているのですが、Normalでも他のゲームのHardくらいの難易度になっています。

    特にボスが強く、何の対策も立てないといとも簡単に全滅してしまう程。

    難しいRPGをやりたい方におすすめです。

    ボリュームもしっかりあり、ストーリーを楽しむだけでも結構なボリュームになりそうです。

    一方、ゲームシステムは昔ながらのコマンドバトルを採用しているため、操作性の面で困ることは少ないです。

    ブレイブリーデフォルト2の良かった点

    歯ごたえのある戦闘が楽しめる

    前述の通り、戦闘面の難易度は高めです。

    特にボスが強く、一部特殊行動が厄介なので、専用の対策が必須です。

    対策したとしても、ほぼほぼ最善手を指さないと勝利はおぼつかないでしょう。

    このように、歯ごたえのある戦闘が楽しめるのが一番の特徴であり魅力です。

    RPGをやっていて、敵が弱すぎて作業感が出てしまうということありませんか?

    そのような方は、ぜひブレイブリーデフォルト2を手に取ってみてください。

    基本的に最善手を指さないとあっという間に詰んでしまうシビアなバランスに、1手1手に悩む緊張感骨太な戦闘を楽しむことができます。

    ジョブ選択の自由度が高い

    ブレイブリーデフォルトには24個のジョブがあり、プレイヤーは自由に選ぶことができます。

    ジョブは

    • 攻撃力に優れたモンク
    • 守備力に優れたヴァンガード
    • 回復が使える白魔道士
    • 補助系のバフデバフが使える吟遊詩人

    など、どれも個性的。

    これらのジョブを仲間4人に上手く割り振ることで、パーティの役割を大きく変えることができます。

    またジョブはメインジョブとサブジョブを組み合わせることができるので、より複雑なパーティ編成を楽しむことができます。

    ジョブによって使える能力だけでなく、ステータスや装備できる得意武器も変わってくるので、装備なども考えながらジョブを決める必要があります。

    あなたの好みに応じた、自由度の高いパーティ編成を楽しめるでしょう。

    遠藤ティム

    ボスも強いので、自分のこだわりぬいたパーティで全力で戦えます。
    自分だけの最強パーティで立ち向かいましょう。

    序盤のおすすめジョブについては、『【ブレイブリーデフォルト2】序盤のおすすめジョブ・組合せ解説』で紹介しています。

    迷ったらこちらの情報も参考にしてください!

    ストーリー展開が秀逸

    人の裏切りが織りなすストーリー

    ブレイブリーデフォルト2はストーリーも魅力的です。

    1番の特徴は、ボス敵のほとんどが人間な点です。

    従来のRPGのように魔物も登場するのですが、敵のほとんどが、主人公と同じ人間なわけです。

    遠藤ティム

    魔物より人が恐ろしい世界観!

    ボス敵の人格設定もしっかりしていて、人間関係が織りなすドラマが見事に描かれています。

    特に恐ろしいのが裏切り

    人間と人間の戦いなので、協力者のふりをして近づいてきてからの裏切りが、当たり前のように出てきます。

    あまりに裏切りが出すぎるので、序盤のうちから、「この協力者も裏切るんじゃないか?」と、うがった目で見てしまうようになります。

    ですが、これも演出の一つ。

    周りの人が誰も信じられないという心理が、人と人が争う戦場の心理描写として、リアリティを高めています。

    遠藤ティム

    戦争状態では、人は当たり前のように裏切り、裏切られる。
    残念ながら、現実の世界でも、よくあることなのかもしれません。

    逆に始めは小悪党かと思われた、ある人間が、アフターストーリーで意外な一面を見せ、大きく株を上げるという展開もあります。

    無理のないストーリー展開

    この手のRPGは、壮大になりすぎるあまり、展開に大きな無理が生じたり、主人公や仲間の主張が突飛すぎて共感できないということがありがちです。

    ですが、本ゲームではそのような破綻がないのも見事です。

    今作の主人公たちは大人ということもあり、主張などが抑えめになっています。

    遠藤ティム

    お酒を飲む描写もあり、明確に大人として描かれています。

    なので、熱血や感動の青春劇を期待すると肩透かしな印象もありますが、その分言動には重みがあります。

    落ち着いたストーリー展開ながら、きっと共感を持てるでしょう。

    ブレイブリーデフォルト2の気になった点

    ロード時間が長い

    残念な点としては、ロード時間が長いこと。

    街やダンジョンなどに入るとロード時間が入るのですが、30秒ぐらい取られてしまいます。

    遠藤ティム

    街もダンジョンも2Dなので、そこまで膨大な容量を喰うことはなさそうなのですが。

    オプションでグラフィックを簡素化できるなどして、ロード時間なくサクサク動くための工夫が欲しかったです。

    ボスの初見殺しが露骨

    今作のボスは強く、厳しい戦闘が楽しめます。

    一方、初見では回避できない罠があり、ほぼほぼ初見では勝てないように作られています。

    例えば、一部のボスは、

    • 攻撃するとカウンターでこちらを睡眠状態にする
    • 毎ターン沈黙(魔法が使えなくする状態異常)にする

    という能力があるので、回復できず詰むという状況になりがちです。

    眠りも沈黙も、回避できる装備アイテムがあるので、わかれば回避は可能なのですが、戦闘中に装備を変えることはできないため、わかっても対処の仕様がありません。

    RPGだと街の住民がボスの攻撃や弱点などのヒントを出してくれることがあるのですが、本ゲームはそのような救済措置もなく、初見だとノーヒントになります。

    これらのことから、初見での突破はほぼ不可能で、厳しいというより理不尽なゲームバランスとなっています。

    遠藤ティム

    初戦は見に徹して、敵の行動パターンを見て分析して、次の戦闘で勝てるようにしましょう。

    ジョブ性能の差が激しい

    24個ある個性的なジョブは魅力ですが、ジョブ性能のバランスはあまりよくなく、万能に強いジョブと、いまいち使い勝手の悪いジョブがあります。

    序盤のジョブに絞ると、優遇されているジョブとしては

    • 守備性能が高く補助属性攻撃や優秀なパッシブスキルを持つヴァンガード
    • 全体回復魔法を持ちMP回復手段が豊富な白魔道士

    があります。逆に不遇なジョブとしては、

    • 攻撃にMPが必要というリスクを負っている割に魔法攻撃も弱い黒魔道士
    • ダメージが不安定というリスクとリターンが釣り合っていないギャンブラー
      (今作は敵のHPが見えるのでダメージ計算が必要になります。)

    の使い勝手が悪い印象です。

    不遇なジョブにロマンを見出して使うのもRPGの楽しみではあるのですが、もう少しバランス調整を考えてほしかったです。

    ブレイブリーデフォルト2のレビュー・評価まとめ

    今回はブレイブリーデフォルト2の特徴・難易度・ボリューム・良かった点と気になった点についてレビューしました。

    本作は、高難易度のコマンドバトルが楽しめるRPGです。

    特にボスが強く、一部に理不尽な要素があるものの、1手1手に緊張感がある骨太なボスバトルを楽しむことができます。

    また、24個の個性豊かなジョブを4人に上手く振り分けることで、理想的なパーティ編成を楽しむことができます。

    ストーリーとしては魔物が登場するものの、人対人の戦いがメインとなっており、ファンタジーよりは現実寄りの展開となっています。

    特に人間関係の描写には重きを置いており、協力者の裏切りも当たり前に起きるシビアなストーリーになっています。

    歯ごたえのある戦闘を楽しめるRPGを探している方や、大人向けの落ち着いたストーリーのRPGを探している方におすすめのゲームとなっています。

    遠藤ティム

    CERO Cということもあり、遊ぶ人は限られてしまいますが、ぜひ興味を持ったら手に取ってみてください。

    \この記事がいいと思っていただけたら/

    デジリラ.コムからのお願い

    ブログリンクについて

    当サイトは原則、自由にリンクいただいて大丈夫です。
    もし記事引用された場合や、紹介したい記事ありましたら、リンクお願いします。

    にほんブログ村について

    にほんブログ村に参加しています。
    任天堂カテゴリPVランクで最高1位に到達することができました!
    応援のため、記事がよければ、こちらをクリックください!

    にほんブログ村 ゲームブログ 任天堂へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

    質問箱について

    お試しで質問箱を設置しました。
    匿名で質問できるので、感想・ブログの内容で気になることがあればこちらからどうぞ。
    質問&回答閲覧はこちらから

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次